MENU

ブログ

「コピーライティング」カテゴリの記事一覧

AIDAの法則

◇2017年02月20日◇

AIDAの法則 コピーライティングにはアイーダの法則というのがあります。 A:Attention(注目を得る) I:Interest(興味を抱かせる) D:Desire(購買欲を刺激する) A:Action(購買行動を喚起する

続きを読む

キャッチコピーは真似ること

◇2017年02月19日◇

  ヘッドラインと言われるキャッチコピーは 自分で考えるのはあまりおすすめじゃないんですね。   コピーライティングに慣れてきたら ある程度オリジナルも出てくるかもしれませんが 特に初期は、売れているキャッチコピーを真似てください。

続きを読む

保証をつける

◇2017年02月18日◇

  コピーライティングの中で、セールスを書いた後 保証の文言を入れていきます。   保証というのはリスクリバーサル お客様は何かを購入する時は 常にリスクを感じているものです。   そのリスクは心配ありませんよ。大丈夫ですよ。と

続きを読む

セールスは断れないオファーを提案する

◇2017年02月17日◇

  コピーライティングを書いていて、いよいよセールスに入る時に大事なこと   お客様に何か提案する、セールスするという時は オファーが全てなんですね。   すごくいいコピーを書いていても、 オファーが悪かったら成約しないんです。  

続きを読む

コピーライティングのルール14 リサーチの徹底

◇2017年02月16日◇

  コピーを書く場合は、リサーチが8割と言われています。 お客様のことをよくわかっていないと書けないというか 書いてはいけないんですね。   徹底的にリサーチをして お客様にとってのベネフィットは何なのかを 充分に把握しないといけませ

続きを読む

コピーライティングのルール13 引き金を引く

◇2017年02月15日◇

  コピーライティングの中で、「感情トリガー」という言葉があります。 トリガーとは、銃の引き金のことなんですが 感情を揺り動かす強い言葉を使うということです。   言葉の使い方によっては、強く印象づけられるものと 普通に聞き流せるものが

続きを読む

コピーライティングのルール12 申し込みしてもらう

◇2017年02月14日◇

  コピーライティングの大詰めを迎えると、 お客様もどんどんあなたの商品に興味を持って、 買いたい、手に入れたいと思っています。   そして、どうやったらこの商品サービスを 手に入れることが出来るのかと考え始めています。 そこで、クラ

続きを読む

コピーライティングのルール11 ノーを潰す

◇2017年02月12日◇

  コピーライティングでセールスまで誘導していくために お客様が行動するための障害を全て排除しなければなりません。   お客様はコピーを読んでいくうちに いろいろな反論が出てきます。   「とは言うものの・・・」という風に思うんですね

続きを読む

コピーライティングのルール10 お客様の声

◇2017年02月11日◇

  コピーライティングを順を追って書いていく中で 途中に必ず欲しいのは実績やお客様の声です。   お客様はまだあなたを信用しているわけではないし 自分ができるかどうかという不安を持っています。   そんなときに、お客様の声があると

続きを読む

コピーライティングのルール9 使い方を伝える

◇2017年02月10日◇

  コピーを書く時は、使い方や用途をしっかり伝えましょう。 お客さんはあなたの商品を自分が使いこなせるのかどうか自信がありません。 買ったはいいけど、自分に出来るかな、とか、使いこなせなかったらどうしようとか、そういう不安があります。  

続きを読む

コピーライティングのルール8 商品は欲しくない

◇2017年02月09日◇

  商品は欲しくないんです。お客さんは。。。 お客様が欲しいのは明るい未来。   お客様があなたの商品サービスに興味を示した時は どうしても商品の良さや売りを話したくなりますよね。   でも、お客様の欲しい未来を聞かずに 商品の良さ

続きを読む

コピーライティングのルール7 未来を見せる

◇2017年02月08日◇

コピーライティングの大事なこと7つ目ですが ベネフィットを明確に打ち出すことです。   ベネフィットとは 『どんな悩み、痛みを解決して、どんな明るい未来が手に入るのか』 ということです。   あなたは、こんな悩み痛みがありますよね。

続きを読む

コピーライティングのルール6 キャッチコピー

◇2017年02月07日◇

  サイトをひらいたとき、一番最初に目に入るファーストビューと言われるところにキャッチコピーを書きます。 このキャッチコピーがコピーライティングではとても大切です。   何故かというと、今の情報が溢れている時代、 人は、自分が欲しい情報が

続きを読む

コピーライティングのルール4 共感

◇2017年02月05日◇

  人は、誰からものを買いたいと思うと思いますか? 大手メーカーの社員? その商品のプロフェッショナル? ガンガン攻めてくる来る人? 営業センスのいい営業マン? 足げく通ってくる販売員?   人がものを購入しようと思うのは 自分に

続きを読む

コピーライティングのルール3 大事なことは3回

◇2017年02月04日◇

  大事なことは何回言う?   よくメルマガなどに、大事なことだから3回書きました。   とか、ありますよね?   そうです。大事なことは3回言いましょう。   繰り返すことがとても重要です。     メッセージを伝えている

続きを読む

コピーライティングのルール2 1文は短く

◇2017年02月03日◇

  コピーライティングのルール2です。   コピーの全体的な長さは、高額になればなるほど、 価値を伝えるために一般的には長くなるというお話をしていましたが   一つ一つのセンテンスについては、 なるべく短く簡潔に書きましょう。  

続きを読む

コピーライティングのルール1

◇2017年02月02日◇

  コピーライティングの基本的なルールをお伝えしたいと思います。   まず、あなたの書いた文章をとても多くの人に読んでもらいたいと思います。   ですが、ここで最も注意してもらいたいのは 一人の人に語りかけるように書いてもらいたいという

続きを読む

コピーライティングの長さ

◇2017年02月01日◇

  あなたもいろいろなセールスレターを読むことがあると思います。 長いものから短いものまでいろいろありますが、   コピーライティングの長さはどれくらいが妥当だと思いますか?   短いほうが読みやすくていい?長いほうがよく伝わる? 考

続きを読む

自分目線とお客様目線

◇2017年01月31日◇

  あなたはあなたの商品の専門家ですよね。 専門家が商品の話をすると、自分目線で話してしまいます。   ビジネスをするときは、 あなたは商品の専門家であるとともに、マーケッターでもあることがとても大事になってきます。   商品をセール

続きを読む

人は自分が一番かわいい

◇2017年01月30日◇

  人は自分が一番かわいいんです。 何かを見ても聞いても、自分にとってどうなのかと置換して考えているんです。   コピーを読んでいても、 読みながら、自分はどうなれるの? 自分にとってどんなメリットがあるの?と 自分にスポットライトを

続きを読む

« 前 12 次 »


© 2017 史上最強スマホ集客術 All rights reserved.