MENU

WEBからの集客を2倍にする方法

ランディングページの作り方

2017年1月21日


ランディングページは検索ユーザーの着地ページと言われます。


LPを読んで欲しくなって成約に結びつくわけなんですが
このLPの伝え方ひとつで成約率が劇的に変わります。

 

何処にでも誰にでもありそうなものではなく

あなたのサービスが、誰のどんな悩みを解決するため

どんな根拠でどう素晴らしいのかを伝えなくてはならないですね。

 


いわゆるこれがペルソナと言われるものですが
ターゲットの人物像を細かいところまで
具体的に設定して


その人一人に購入してもらうつもりで
その人一人に語りかけたLPが高成約率につながります。

 


そして、それをいろいろな角度から
いろいろな視点で説明することによって

 

たった一人に語りかけたものが
多くの人の共感を呼ぶ内容になって
沢山の人に購入してもらえるのです。

 

 

では、何を語りかけるのか・・・

 

それは、まず、ペルソナにあたる人に聞くのが一番いいですね。

 

何処の誰に向けての商品・サービスなのか決まっているのなら
その属性と思われる人に

今、困っていること、悩んでいること、将来どうなりたいか

を聞きます。

 


それらを聞くことができたら、
自分の商品・サービスでどのように問題解決できるか


それを購入する、あるいは使うことによって
将来の自分の姿をありありとイメージ出来るように書いていきます。


そして、いろいろな角度から
それを伝えて行くことによって
幅広いターゲットに購入してもらうことが出来ます。

 

 

 

 

 

人気記事

  あなたもいろいろなセールスレターを読むことがあると思います。 長いものから短いものまでいろいろありますが、   コピーライティングの長さはどれくらいが妥当だと思いますか?   短いほうが読みやすくていい?長いほうがよく伝わる? 考

  今日は、「2時間でホームページが作れちゃう講座」というセミナーをやってきました。   こちら → http://gslsl.com/        講座の内容ももちろん大切なのですが、 今回は、このセミナーをやるに至った経緯

  あなたはあなたの商品の専門家ですよね。 専門家が商品の話をすると、自分目線で話してしまいます。   ビジネスをするときは、 あなたは商品の専門家であるとともに、マーケッターでもあることがとても大事になってきます。   商品をセール

この記事の関連記事

  コピーライティングでセールスまで誘導していくために お客様が行動するための障害を全て排除しなければなりません。   お客様はコピーを読んでいくうちに いろいろな反論が出てきます。   「とは言うものの・・・」という風に思うんですね

  コピーを書く時は、ゴールは一つです。   ホームページを作る際、よくあることなのですが これも出来る、あれも出来ると、たくさんのことを盛り込みたくなります。   物販であれば別なのですが 特にコーチ、コンサル、セラピスト、カウンセ

  コピーライティングの中で、「感情トリガー」という言葉があります。 トリガーとは、銃の引き金のことなんですが 感情を揺り動かす強い言葉を使うということです。   言葉の使い方によっては、強く印象づけられるものと 普通に聞き流せるものが


今すぐスマートフォンマーケティングを実践していただけるように、スマホ集客実践講座として全てを公開していきます。
まだまだライバルが少ない今こそチャンスです。
今すぐ無料購読ボタンをクリックしてメルマガを読み、ライバルに先駆けて先行者利益を享受してください。

登録はこちら

アーカイブ

2018

最新記事

お知らせ

湘南創業助成金、
期限が迫っております。
ご希望の方はお早めに!

こんにちは(ご挨拶)

代表 北山選子

十数年間地元企業で、企画と集客の業務に携わり業務に応じで様々なマーケティングを行ってきました。

その中で集客の楽しさを実感し、数年前からインターネット集客やインターネット広告の経験を積んできました。

検索ユーザーがパソコンからスマホにシフトし始め、ほぼ逆転現象が起こっている今、スマートフォンからの集客、特に地域ビジネスに焦点を当ててスマホマーケティングを駆使して店舗の集客パートナーとして活動しています。

 

・富山市出身

・JSMA公認コンサルタント

・Ryoma WebCreatorパートナー

・Reach Localパートナー

会社情報

電話番号

076-454-4173

所在地

〒939-2334
富山県富山市八尾町上笹原326


© 2018 史上最強スマホ集客術 All rights reserved.