MENU

WEBからの集客を2倍にする方法

コピーライティングのルール8 商品は欲しくない

2017年2月9日

 

商品は欲しくないんです。お客さんは。。。

お客様が欲しいのは明るい未来。

 

お客様があなたの商品サービスに興味を示した時は

どうしても商品の良さや売りを話したくなりますよね。

 

でも、お客様の欲しい未来を聞かずに

商品の良さを喋り続けてしまうと

それを聞いたお客様が

 

「何か違う・・・」と思ってしまいます。

 

お客様が求めている未来とちょっとずれてしまうと

もう購入してもらう見込みがなくなってしまうんです。

 

商品の話をしたいのは少し我慢して

お客様が何を考えているのか、

どういう悩みや痛みがあって、そんな明るい未来になりたいのか

 

そこをじっくり聞いて下さい。

 

そのなりたい未来がしっかり把握できたら

その明るい未来を実現するためにこの商品があります。

という風に話して

 

そこからようやく

この商品をこんな風に使うことで、

あれがこんなふうになり、これがこんなふうになり

そしてあなたの明るい未来が実現されるのです。

 

という流れになります。

 

商品が優れているのは当たり前のこととして

その商品に惚れ込んで、商品ばかりを見てはダメなんですね。

 

見るべきはお客様の悩みや痛み、

それを解決してどんな未来に行きたいと思っているか。ですよ。

 

 

人気記事

  あなたもいろいろなセールスレターを読むことがあると思います。 長いものから短いものまでいろいろありますが、   コピーライティングの長さはどれくらいが妥当だと思いますか?   短いほうが読みやすくていい?長いほうがよく伝わる? 考

  今日は、「2時間でホームページが作れちゃう講座」というセミナーをやってきました。   こちら → http://gslsl.com/        講座の内容ももちろん大切なのですが、 今回は、このセミナーをやるに至った経緯

  あなたはあなたの商品の専門家ですよね。 専門家が商品の話をすると、自分目線で話してしまいます。   ビジネスをするときは、 あなたは商品の専門家であるとともに、マーケッターでもあることがとても大事になってきます。   商品をセール

この記事の関連記事

  コピーライティングを順を追って書いていく中で 途中に必ず欲しいのは実績やお客様の声です。   お客様はまだあなたを信用しているわけではないし 自分ができるかどうかという不安を持っています。   そんなときに、お客様の声があると

  コピーライティングの基本的なルールをお伝えしたいと思います。   まず、あなたの書いた文章をとても多くの人に読んでもらいたいと思います。   ですが、ここで最も注意してもらいたいのは 一人の人に語りかけるように書いてもらいたいという

コピーライティングの大事なこと7つ目ですが ベネフィットを明確に打ち出すことです。   ベネフィットとは 『どんな悩み、痛みを解決して、どんな明るい未来が手に入るのか』 ということです。   あなたは、こんな悩み痛みがありますよね。


今すぐスマートフォンマーケティングを実践していただけるように、スマホ集客実践講座として全てを公開していきます。
まだまだライバルが少ない今こそチャンスです。
今すぐ無料購読ボタンをクリックしてメルマガを読み、ライバルに先駆けて先行者利益を享受してください。

登録はこちら

アーカイブ

2018

最新記事

お知らせ

湘南創業助成金、
期限が迫っております。
ご希望の方はお早めに!

こんにちは(ご挨拶)

代表 北山選子

十数年間地元企業で、企画と集客の業務に携わり業務に応じで様々なマーケティングを行ってきました。

その中で集客の楽しさを実感し、数年前からインターネット集客やインターネット広告の経験を積んできました。

検索ユーザーがパソコンからスマホにシフトし始め、ほぼ逆転現象が起こっている今、スマートフォンからの集客、特に地域ビジネスに焦点を当ててスマホマーケティングを駆使して店舗の集客パートナーとして活動しています。

 

・富山市出身

・JSMA公認コンサルタント

・Ryoma WebCreatorパートナー

・Reach Localパートナー

会社情報

電話番号

076-454-4173

所在地

〒939-2334
富山県富山市八尾町上笹原326


© 2018 史上最強スマホ集客術 All rights reserved.